Menu
Close 

   

ロッキー映画シルベスタースタローンの過去や経歴は?息子や娘についても

この記事を書いている人 - WRITER -

「ロッキー」「ランボー」シリーズの大ヒットで、大金持ちのスタローン。映画のヒットのわりに、ラジー賞に選ばれまくるなど、どこかいじられキャラにも見えます。

演じるだけでなく脚本の執筆や監督もできるというのに、この扱いは一体何なのか…。でも当のスタローン、「だからどうした?」とばかりに泰然としていますよね。

「エクスペンダブルズ」などで自らネタにして笑いを取りに行っている姿を見ると、本当の余裕や自信を感じるのです。

そんなスタローンの出世作「ロッキー」。アメリカンドリームを実現したスタローンのプロフィールと、ロッキーの役柄について熱く語ります。

▼ロッキーの視聴はこちらから▼

プロフィール

名前:シルヴェスター・ガーデンツィオ・スタローン
Sylvester Gardenzio Stallone
生年月日:1946年7月6日
身長:177センチ
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区

シルヴェスタースタローンの来歴について

スタローンの極貧時代

アメリカのヘルズ・キッチン出身のスタローン。

ヘルズ・キッチン、名前怖いですね。昔は治安の悪い地域だったんだとか。1990年からはよくなって高級住宅街になってきているそうです。

アルパチーノもここの出身で、2人は仲がいい様子。

Happy birthday to the GREAT Al Pacino, who I’ve known for 40 years. @rockybalboa.1976

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 –

インスタに何回かツーショットが載っていますが、ビッグなツーショットですね。

Bear hugging the Legendary Al Pacino … we first made contact in 1977. A great guy a true original! Never to be duplicated.

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 –

娘さんが3人いらっしゃいます。全員めちゃくちゃ美人です。

At an event last night with my wonderful daughters! Always a pleasure to spend time them!#townandcountry #netflix

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 –

そんなスタローン、産まれる時に産科医が鉗子の扱いを誤ってしまったそうです。顔面の左側(特に唇、顎、舌)の神経が傷つけられたため、言語障害(舌足らずな発音)と下唇の下垂という症状が残ってしまったんだとか。

子供時代は両親の離婚をきっかけに素行不良になってしまいました。極貧を経験し、「ロッキー」で成功するまではかなり苦労していたそうですよ。

「ロッキー」が大ヒット

ある時観戦したボクシングの試合に感銘を受け、わずか3日で「ロッキー」の脚本を書き上げます。映画会社は脚本を気に入り、スターを使って映画化しようとしました。

ちなみにロバートレッドフォードなどが考えられていたそうです。もし彼が出てたら全く違う雰囲気の映画になってしまっていたでしょうね。正直彼が主演だったら、大して感動できなさそう…。

でもスタローンは「自分を主演にしないなら脚本は渡さない」と突っぱねます。仕方なく、低予算・B級映画として制作されました。

わずかな上映館でしか扱われませんでしたが、徐々に評判を呼び大ヒット作に!!

無名だったロッキーが一夜にしてスターになる。

無名だったスタローンが「ロッキー」によって成功する…。

重ねて見られ、多くの人々がアメリカンドリームに感動したのです。

→ロッキーの動画を無料視聴するならこちら

スタローンはすごい人なんだ

スタローンのすごいところは演技力やスタントなしでできるアクションだけではありません。

脚本を書けるので、いろんな作品で脚本を担当しています。

筋肉がすごいだけ、みたいなイメージを持たれているかもしれませんが、頭脳派ですよ~。

スタローンの凄さをもっといろんな人に知ってほしいのですが、なぜいじられキャラなんだろう…。

「ロッキー」での役どころ

スタローンは賢い人だなとよく感じます。あれだけの知名度と収入がありながら、ラジー賞の常連。

これだけのスターなのに、なぜか笑われているような風潮。まあそれだけ愛されているという見方もできますが…。

世間の自分へのイメージと戦うのではなく、受け入れようとしている姿に真の余裕を感じます。その余裕を、「ロッキー」シリーズのロッキーの描き方からも感じます。

ロッキーって結構ダサくてかっこ悪いんですよね。センス悪いし、メンタルが弱いし、人気が出たら調子に乗ってしまうし…。実は字も読めないのです。

ロッキーの成功と自身の成功を重ねられることを承知で、ロッキーのキャラをかっこ悪くしているところがかっこいいなって思ってしまいます。

「ロッキー5」では税理士の金の使い込みで破産し、もといた貧しい街に戻るという容赦のない展開が待っています。

あんなにがんばって稼いだファイトマネーがむざむざとゼロに…。

ファイナルでも、スピンオフでも、お金はなく結構わびしい暮らしをしている始末です。その上息子ともそれほど関係がうまくいっていませんしね。

成功して金持ちになって、そこがゴール、バンザイ、という価値観じゃないところが好き。

どんなに辛いことがあっても、どういう環境に置かれても、歯を食いしばるのだ!

そんな泥臭いド根性をロッキーが見せてくれるのですよ。

私はボクシングには詳しくないのですが、ロッキーの特訓シーンを見ていると、むずむずと運動したくなってしまいますね(笑)

いろんな動画配信サービスで取り扱われているので、ぜひ見てみてください。おすすめは全シリーズ配信されているU-NEXTです。

FODプレミアム 配信なし
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題対象作品(全シリーズ配信中)
hulu(フールー) 見放題対象作品
dTV 配信なし
ビデオマーケット 配信なし
TSUTAYA DISCUS(ツタヤディスカス) 動画配信なし、宅配レンタル可能

※紹介している作品は、2018年4月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

▼ロッキーをU-NEXTで視聴する▼

「ロッキー5」には本当の息子さんが出ていたのですが…

ちなみに5で出ていた息子役はスタローンの本当の息子さんです。

でも30代の若さで亡くなりました。

第1子だし、一緒に映画にも出たし…。スタローンの心中を思うと、5を見るとき少し複雑な気持ちになってしまいます。

「クリード」の続編が作られる

ちなみに「ロッキー」のスピンオフ作品「クリード」の続編が2018年公開です。

アポロの息子とドラゴの息子が対決するというストーリーだそうですよ。ファン垂涎ものですね。早く見たい!

ちなみに…シリーズの出演者の現在。

この際、孫の代までスピンオフを作ってほしいぞ!!

まとめ

ファイナルやスピンオフはともかく、1から5までは少し古い映画という印象があるかもしれません。

でも全然古びない面白い映画なので、若い方にも是非見てみてほしいです。

▼ロッキーをU-NEXTで視聴する▼

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© binge-watching!! , 2018 All Rights Reserved.